藤田学のブログ 議と勇

ブログトップ

<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

明日から台湾

 明日から(社)日本青年会議所のミッションで台湾へ。前日の今日は、仕事の段取りでかなり遅くなってしまった。しかし、お休みをいただく以上、それが仕事に影響してしまうのはもってのほか。当たり前のことである。しかし、とれた休みは今日のみ、2泊3日の強行日程である。ASPAC(アジア会議)は今日から始まり、他のメンバーは、今朝から現地で動き回っている。実況がメールで台湾の地からどんどん入ってくる。今日穴を開けた分、明日からは、全力で動く覚悟だ。
 明日は、空港から大会会場に直行します。

 ハンディーPCは間に合わなかったが、携帯電話は、台湾で通じるように設定できました。このブログもおそらく台湾から実況できると思います。初挑戦です。海外に行っても携帯電話が手放せない。 忙しない?世の中です。いや、便利になりましたね。
[PR]
by manabulog2007 | 2007-05-31 23:59

ふるさとキャラバン

 25日にブログで紹介した「ふるさとキャラバン」のミュージカル「地震 カミナリ 火事 おやじ」を観劇した。残業をこなして、どしゃぶりの中であったが、なんとか10分ほどの遅れですんだ。休憩中には、町田の消防団長をはじめとする役員のみなさんともお会いすることができた。ミュージカルのなかでは、操法訓練の場面もあったが、かなり本格的で、上手かったな。町田では、今まさに、近づいている操法大会にむけての訓練の真っ最中。やはりダブらせながらその場面は見入ってしまった。
 総合しての内容は、地域消防団の役割を前面に出し、現在、なかなか入り手のいない団員の募集にあった。私自身も、勧誘は何度も歩いてきた。その難しさも実感している。それだけに、ありがたかった。
 しかし・・・・リアルすぎますよ!消防活動を題材にした夫婦喧嘩の場面なんかは特に・・・
「家族と消防どっちが大事なの!」「・・・・・・・・・・・・・」

 町田に帰ると団員は訓練していた。そのまま合流して、今日も深夜帰宅。
[PR]
by manabulog2007 | 2007-05-30 00:47

携帯ノートパソコンの必需性

 睡眠そこそこに、今日は普段よりも1時間早く出勤。着いて早々にパソコンを立ち上げ、メールチェック。土曜日から昨日までの3日間、パソコンを開けなかった不安、やはり、2つほど仕事関係の重要なメールが入っていた。ただ、緊急性を要するものではなかったことが救いであった。正直、この3日間、常に会社のメールが気になっていた。
 思った。まずは、会社のメルアドも自宅のパソコンで見れるようしよう。さらには、パソコンは常に携帯しよう。ノートパソコンは持っている、しかし、常時携帯には重い。
 パンディー携帯PCを購入しようと真剣に感じている。初期投資にかける余裕はないが、これさえ持てば、24Hどこでも仕事ができる。決断のときか・・・・・
[PR]
by manabulog2007 | 2007-05-29 23:29

富良野

 二日めの今日は、富良野へ。ご存知、北の国から。気持ちまで大きくなった。みんな共通して出た言葉は、「こんどは、家族、子ども連れてきたいね」。特に冬は住んでる方々は大変なんだろうと分かっていても、こういう自然のなかで、過ごせたらいいな・・・・とついつい考えてしまう。
 そして、名残惜しく、深夜便で、東京へ戻った。現実の世界が待っている。明日からまた仕事、そして、ハードスケジュールが待っている。飛行機の中で、手帳を確認している自分がいた。
 幹事さんありがとう!お互い知りすぎたかな?(笑) 研修の内容よりも、2つ日間、語り合えたのが嬉しかった。ごめん。
[PR]
by manabulog2007 | 2007-05-28 23:16

研修旅行で北海道

 睡眠時間2時間。朝4時30分に自宅へ研修の幹事さんに迎えに来てもらい、筋肉痛の足を引きずりながら、羽田から北海道に飛び立った。お世話になっている某団体の研修旅行に、私も仲間の一人として参加させていただいた。
 お世話になっていることは大前提だが、今では、同志として、親友として、ぶっちゃけることができる団体である。気楽でもあり、ストレスも思いっきり解消させてもらった初日であった。夜は、ジンギスカンを囲んで、大いに語り合うことができた。こんな時間がほしかった。かなりぶっちゃけてしまった。
[PR]
by manabulog2007 | 2007-05-27 23:59

初参加3位 ワールドJC杯サッカー大会

a0101944_221862.jpg 
町田JCチーム参加は7名、やばい・・・・。
 開会式で、各チームの会長の挨拶があり、私の場面では、「戦うことも交流であるが、同じユニフォームを着ることも交流。町田JCのユニフォームを着てくれませんか?」という前代未聞のお願いをしてしまった。しかし、それが幸いとなり、予選3試合、決勝トーナメント、3位決定戦の5試合、なんとか11人そろって、参加する事ができた。まさに、JCの友情のおかげさまである。
 午前中の3試合は、1勝1敗1引き分けで3位の通過することができた、助っ人の活躍がめだった。さあ、午後、助っ人チームであることを忘れたのか、あつかましくも優勝狙うぞ!なんて声もでる。しかし、神様はちゃんとみている。行けると思ったが、終了間際に得点され万事休す。3位決定戦は、勝利し、初参加3位という満足の結果であった。何よりも、すべての試合を棄権することなくこなせた充実感があった。
 さて、私は、午後一の試合で、胃液をもどしてしまったが、最後はランニング・ハイでなんとかのりきった。しかし、体力も確実に落ちている。運動不足を露呈してしまった。
 しかし、言葉が通じなくても、スポーツはそれを超えて交流できることを実感した。ソウルJCの方にも我々のユニーホームを着てもらったが、違和感無く、一緒にプレーできた。スポーツ国際交流・・・いいね。そう言えば昔、スポーツ平和党なんてのもあった。確か、政策の柱は、「スポーツ外交」。間違ってなかったですね!アントニオ猪木さん。
[PR]
by manabulog2007 | 2007-05-26 23:59

ワールドカップJC杯サッカー大会前日

 明日は、JCサッカー同好会会長となってはじめての主大会となる「ワールドカップJC杯サッカー大会」が開催される。主管の東京JCからのお誘いを受けてエントリーさせていただいた。11人制のフルサッカー、リーグ形式で20分を6本のゲームをこなさなければならない。
 我が町田JCは、理事長、専務らの友情参加に助けられながらも、まだ7人しか集まっていない。少なくとも20人はいないと明日の強行日程はこなせない。責任を感じ、胃がいたむ。仕事も残業で11時近くとなって島しまったが、その合間にも、本日ギリギリまで動因の電話をかけさせてもらった。
 明日は朝7時集合である。11人そろっていることを期待し、開き直って、おやすみなさい。なるようになるさ・・・・・
 しかし、明日は真夏のような炎天下だそうだ。自分も体ももつか心配だ。久々のハードスポーツだしなあ。
[PR]
by manabulog2007 | 2007-05-25 23:45

劇団ふるさとキャラバン

 「ふるさとキャラバン」という劇団の方との縁をいただいた。仕事がおして、待ち合わせ場所に遅参してしまったのにも関わらず、「ありがとうございます」先手を打たれてしまう。さらに、どうぞと手渡されたのは、「コーヒードリップ」。学「どうしてわかったのですか?」、「ブログ読ませていただいてます。忙しい毎日、好きなコーヒー一杯がほっとできる時と書いてあったので」。もう彼女のとりこである。
 お誘いいただいたミュージカルの当日は、題材の消防団の訓練日であったが、招待をうけることにした。聞けば、「消防団の勇姿を題材に、その志をテーマに全国各地でこのミュージカルを開催していて、八王子での開催であるが、町田市も後援し、町田市消防団も協賛しているという。当日は、消防団の幹部もくる」という、正直迷ったが、これも地域、消防団にとっても大事なことと割り切って、ご招待を受けることした。
 
「地震カミナリ火事オヤジ」、消防団を応援するミュージカルである。
 5月30日(水) 18:30 開演。

しかし、彼女とは初対面とは思えなかった・・・・・・・・・学ぶべきところがたくさんあった。
Jさん当日は楽しみにしています!
[PR]
by manabulog2007 | 2007-05-24 23:54

でっかい相談

 町田市の懸案でもあったでっかい相談が飛び込んできた。まさに「夢」の話である。これから時間はかかろうがじっくり行こう。どう仕上げていくか。まさに人脈と縁を生かすときである。私も町田市も一歩一歩土台を構築していかねばならぬ時である。
 運命が向いてきた。
[PR]
by manabulog2007 | 2007-05-23 23:53

倫理法人会

 仕事の関係で、なかなか朝のセミナーに参加できないでいた倫理法人会、今日はイブニングセミナーということもあって、久々にJC(青年会議所)の仲間と参加してきた。
 テーマは、「日本創生の心ーであい」。すべての出会いを、例え苦難であっても前向きに受け止めようとの内容であった。今、私自身が最も体感していることである。
 さて、私事、約8年町田市倫理法人会に在籍し、この間「幹事」という役務をいただき活動してきた。しかし、仕事も急に忙しくなり、なかなか参加できない、また、家計上も厳しく、会長さんらに相談させてもらい、少し休ませていただくことにした。「また戻ってこれる時期がある。前向きに頑張ろう!」そんな激励もいただけた。有り難い。
 倫理法人会では、それこそ多くの縁をいただいてきた。感謝、感謝、感謝である。
 私自身が、この苦難時を乗り越えて、必ず戻ってくる。「他人を変えることはできないが、自分は変えることはできる」。倫理の教えである。少し離れるが、一期一会とこの言葉を大切に、休会中も実践していきたい。
[PR]
by manabulog2007 | 2007-05-22 23:25