藤田学のブログ 議と勇

ブログトップ

<   2009年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

当分無所属です。

 勧告により自民党を離党して、はや3年が経ちました。
 ここ一週間の私の動きでだいぶ支援者の皆様にご心配をおかけしているようです。政党のことでです。「当分は無所属の立場で、多くの人脈、政策を築きあげたいと思っています。そう答えています。おかげさまで、見聞も広がり、充実しています。
 「次の選挙、無所属で戦うのは厳しいぞ」、率直に有難い叱咤激励をいただいています。覚悟してます。このブログも「無所属」という利点を活かし、自由に発言して行きたいと思っています。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-01-31 23:01

オレが日本を元気にしてやる! 読学の一冊

 久々の読学の一冊は、江口克彦著『オレが日本を元気にしてやる』(PHP)です。地域主権型道州制実現を題材にしたこの作品。日本再生のヒントがこの一冊に詰まっていました。過去を否定するのではなく、未来をみつめて、新しく日本が再生していく方向を創造していく。まさに、大志。刺激となりました。お奨めです。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-01-30 23:45 | 読学の一冊

知って得する新公益法人制度

a0101944_23275278.jpg本日もJC。我が総務委員会が担当する3月度公開例会について揉んだ。内閣府・新公益法人制度普及・啓発委員の先生をお呼びして、題して「知って得する新公益法人制度」の講演を予定しています。(まだ理事会審議前なので詳細は後日に)。本年度総務委員会は、国の公益法人制度改革により社団法人格をもつ団体として、進むべき方向を決定するべく大きなミッションを担っている。内容についても慎重に進めている。
 さて、写真PC横のシュークリームは、いつも最高の設えで委員会メンバーを迎えてくれている運営幹事が用意してくれたもの。これが美味。お奨めです。相模原にある「らふらんす」の横山シュー。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-01-29 23:27

JC正副理事長会議からただ今帰宅

深夜3時42分、ただ今やっと帰宅です。JCのまじめな会議です。盛り上がったというか、喧々諤々。皆さんは、その後ラーメンに行ったようですが、私はさすがにギブアップ。空腹よりも睡眠を優先しました。JCも正副ともなれば、明日のJCを未来のまちづくりを熱く語り合います。時間も気づいたらといった感じでした。今日の朝には、みんなきっと仕事に戻っていることでしょう。JCメンバーはみんなタフです。40歳で卒業の意味も身にしみて感じた昨夜からの会議でした。昨夜といっても19:30からですからねー
[PR]
by manabulog2007 | 2009-01-28 04:00

国民の手に政治を奪還する「国民運動体」フォーラム

a0101944_22335227.jpg渡辺喜美先生、江田憲司先生らが国民に訴える「国民運動体フォーラム」が、今日東京新宿のホテルでスタートした。並々ならぬ決意が感じられた。これから全国各地をまわるという。どう国民のうねりとなっていくか。それは私たち国民次第である。この運動体こそ、党利党略を超えた国民主体のものであらねばならぬ。脱!官僚支配・・・・簡単ではないだけに、やりがいはある。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-01-27 23:33

無所属の今だからこそ

a0101944_1571353.jpg 青年塾の関係でドスン・ウォッシャーという会に参加してきた。無所属という立場で参加したのは私ともう一人だけ。あとは民主党に所属されている。理念と政策をじっくりと聞くことができ、私も述べさせてもらった。それぞれの政党にはもちろんすばらしい志をもった方々が大勢いることを改めて実感した。今、無所属という立場を活用して、超党派の志ある政治家の方々と大いに未来を語り合おうと思う。良いきっかけとなった。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-01-26 23:07

トイレ掃除に学ぶ会

a0101944_14274977.jpg
 町田市青少年健全育成委員会の研修会。今年も「トイレ掃除に学ぶ会」をさせてもらっった。今年は、小山田南小学校大会。校長先生も副校長先生も教職員の方々も保護者の方々も地域の方々もそして最も嬉しい児童生徒らも参加してくれた。日本を美しくする会の方々も遠くから参加してくれた。冷たい水で便器を素手で磨く研修であったが、おかげさまで心温まる大会となった。司会をしながら目頭があつくなった場面も。
 ありがとう。そんな大会であった。
 「ひとつ拾えば ひとつだけきれいになる」。一歩一歩地域に広げていきたい。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-01-25 23:27

減反政策の見直し

 「甦れ!日本の農業プロジェクト」、おかげさまで順調に進んでいる。Team the Moonという会社も立ち上げた。
 さて、報道によると農林水産大臣は、「減反政策」の見直しを言及したようだ。すぐにも減反政策は廃止して欲しい。この政策が、いかに百害あって一利なしであったことは、これまでの過去が証明している。今の自給率の低さの根源となる愚策であったと率直に認めることも大事だ。大臣の英断に期待したい。
 農家が「志」をもって就業できる環境をつくり直す。いま取り戻すべき日本の使命である。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-01-24 23:42

勇気

私が、渡辺喜美先生の行動を支持させていただいてから、賛否両論多くのご意見をいただいている。不思議なことに、自民党支持者からの意見や問い合わせが多い。それだけ自民党の方々は真剣になっているのだろう。中川秀直先生や塩崎先生らも意見としては渡辺先生の政策を支持しているようだ。表明しなくとも心の中では皆同じなのではないか。
 「わたり」については、麻生総理の決断は誰もが理解できない。しかし、なぜ総理はそう決断せねばならないのだろう。「官僚天国・日本」。故石井こうき先生の独り言が心に響いてくる。
 分かっているのに動かない、それは政治家ではない。だからこそ渡辺先生の「勇気」に敬意を表しているのだ。自分に正直に行動して欲しい。麻生総理も
[PR]
by manabulog2007 | 2009-01-23 23:38

ソフトウェア振興会(MASSI) 賀詞交歓会

 MASSIの賀詞交歓会に出席してきた。ほとんどがITベンチャーの方々、ITバブル崩壊なんて言われているが、会員企業のバイタリティーとポジティブさに、他にはない未来の展望を感じ得た。
 「確かに踏ん張りどころのところもある。しかし、もっと厳しい時もあった。しかも、その頃はそれぞれの企業独自で立ち上がってきたが、今はこうして仲間がいる。今の環境は決して悪くはない」。理事長の挨拶に、誰もが頷いていた。
 元気をもらった会であった。
 皆さんありがとうございます。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-01-22 23:45