「ほっ」と。キャンペーン

藤田学のブログ 議と勇

ブログトップ

<   2009年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

経営者として

 会社を経営して、約一か月が過ぎた。と言っても、衆議院の解散、秘書業も忙しくなり、それどころではない。しかも、どーなつカフェのオープンもあった。そんな自分を支えてくれたのは、社員たちである。私は、電話やメールで相談を受けたり、決断をしただけ。もちろん営業もしたが、しかし、実質の動きはみな社員たちである。本社、営業拠点の町田に帰れない日々も多かったにも関わらず、愚痴も言わず、みんな仕事をし、成果を出してくれている。感謝、多謝である。経営者として、社員に恵まれていること、何よりも幸せである。ありがとう。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-07-31 23:22

大学全入時代という誤解

 高校生は夏休み。それならばもっと早くから授業を始めてもよいのだが、申し訳ない、私の都合で夜の8時過ぎからスタート、終わるのは11時。ご理解いただいての家庭教師業・・・・頭がさがる思いである。それだけに責任も痛感している。中途半端は決して許されない。総選挙が終わったら特に集中し、必ず志望校合格を果たさせよう。新聞報道では、大学全入時代なんて言っているが、決してそんなことはない。志望があれば、必ずそこには、受験がある。今も昔も受験生は頑張っているのだ。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-07-30 23:13

学生インターン

 長島昭久事務所には、世界中から多くの学生がインターン生としてやってくる。中国からアメリカから韓国から、共通してみんな日本語が達者である。日本の学生たちも負けていない、みんなそれぞれの夢を持っている。そしてまじめである。何が楽しいかって、やはり、こうした学生らと交流ができていることだ。40歳のおじさんとからかわれながらも・・・
[PR]
by manabulog2007 | 2009-07-29 22:07

なかなか地元に帰れないジレンマ

 秘書業で町田に帰れない状況になってきた。やはり、選挙期間が長い。このモチベーションをつなげるは難しい。まさに、今度の総選挙は持久戦となってきた。これも麻生総理の戦術なのか・・・・・闘っている私たちは覚悟ができている。しかし、国民がしらけてくるのが心配である。それだけは回避したい。マスコミさんにも盛り上げて欲しい。
 しかし、久々にスタッフとして選挙に携わってみて、本人には見えなかった部分にも気付かされ・・・勉強になっていることは有難い。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-07-28 23:28

日本の教育費公費負担は最下位

 文部科学省の資料を久々にチェックしていたら、「教育機関に対する支出の対GDP比」という項目があり、ショッキングな数字を目のあたりにした。
 《日本の教育機関に対する公財政支出の対GDP比は前年と比較して0.1%低下。順位も、OECD加盟国の28か国中28位に低下》(2008年OECDデーター)
 ということである。そして、逆に、教育に対する私費負担(家計)は世界一という数字。
 私は、国家として、財政的にももっともっと教育に投資すべきであると強く訴えたい。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-07-27 23:56

藤田学の勇

 朝5時、スコレー家庭教育振興会の29周年記念早朝研修に参加。永池会長から、「勇(行動する)」ことについての指導をいただいた。人は、何か役に立いたいと思う。しかし、それを行動に移す人はほんのわずかである。行動に移さねば、それは、ただの評論にすぎない。評論だけでは、世の中を良くすることはできない。
 「勇」、腹に決めた。
「藤田学の議」を「勇」とする。本日から「議」に「勇」を付け加えた。



藤田学の勇

 困っている人は、今困っているのである。だから、今、手を差し伸べることである。今、行動することである。それを、明日や明後日に動いても、それは人の役に立てないのである。その場で、「今、動く」ことが大事である。
 政策もそうである。この国、街への理想はある。しかし、行動せねば何の役にも立たない。それも、今である。実現するために、今何をどう動くかである。
 「議(理屈)」は「勇(行動)」となって、初めて活きる。
 まずは、駅頭から訴え続ける。
 政治家はやはり議席を得なければなない。きれいごとでは政策の実現はできない。
 そして、一人でも多くの同志を集めて、実現を確たるものにする。
 「今、その場で」。それが、藤田学の「勇」である。



            平成21年7月26日     藤田 学 拝
[PR]
by manabulog2007 | 2009-07-26 12:49 | 藤田学の勇

ハーバードからのインターンと

a0101944_20411172.jpg長島事務所には、海外からもインターンが集まっている。そのうちの一人、中国は大連の出身で、現在はアメリカ、シリコンバレーに在住、そして、ハーバードで今学んでいるインターン生が、約1か月の滞在を経て、帰国することになった。これからの世界を背負っていく世界の学生と交流ができていることが楽しいし、有意義である。これからはメル友での交流を約束。彼らの世界での活躍が楽しみである。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-07-25 23:41

桜美林学園同窓会 総会 リ・ユニオン

 桜美林学園同窓会の総会、リ・ユニオン2009を開催した。町田市の母校に、全国各地から先輩、後輩、老若男女の多くの方々に集まっていいただいた。主催者(同窓会幹事)として、一年に一度感動を頂ける場面でもある。本日は、懇親会の司会をさせていただき、多くの先輩方をご紹介させていただいたが、その中に、60数年前の一期生、しかも、願書を一番に提出した女性を紹介できた。「私の後ろに、もう8万人もいるのねー」。まさに、その通りである。当時は、創立者の清水安三先生自らが貼って回った、電柱の広告をみて、志願したそうだ。その始まりを我々が受け継いでいるのである。正直、じーんと深い思いに至った。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-07-24 23:28

地元紙で我が社が掲載されました! やったね店長!

町田経済新聞のトップに『らっくどーなつ』が紹介されています!!

ありがとうございます。

みなさんもぜひ見てください。

http://machida.keizai.biz/headline/489/

町田に手作り「玄米ドーナツ」店-カフェスペースも併設
(2009年07月21日)
この記事の場所を見る


写真を拡大

Luck Doughnuts(らっくどーなつ)店内
 手作り玄米ドーナツ店「Luck Doughnuts(らっくどーなつ)」(町田市森野1、TEL 042-785-5018)が7月17日、小田急町田駅そばにオープンした。運営は、保険代理業やウェブデザインなどを手がける「Team the Moon(ティームザムーン)」(常盤町)。

 「幸運のドーナツ」と名付けられた同店の商品は、北海道産の小麦に玄米をブレンドして綿実油で揚げる。卵と牛乳は使わない。「国産材料メーンの安全で体に優しいドーナツ。穀物の風味を生かすため、においの少ない油を選んだ。香ばしくて、コシのある食感が特徴」と店長の石川一機さん。

 店舗面積は約17坪。白とベージュを基調とした明るい店内にテーブル14席を設ける。「ホッとできる癒やしの空間にしたいと考えた」(石川さん)。20~30代の女性をターゲットに想定していたが、実際は若い男性から年配客まで幅広い来店があるという。

 今月24日まではプレオープン期間として、3種類のドーナツ(プレーンドーナツ、黒糖きな粉ドーナツ、メープルハニードーナツ)を150円で提供。ドリンクはレギュラーコーヒー(280円)、アイスコーヒー(同)、有機プレミアムコーヒー(400円)などを用意する。イートインの客単価は500円。「メニューは随時増やしていく。最終的には6種類の定番ドーナツ中心に新商品を入れ替える予定」(同)。

 同社が飲食業を手がけるのは初めて。石川さんは「国産農作物を海外に輸出し、農家が潤う仕組みを作ることが当社の目標。ドーナツを足がかりに農家とのネットワークを作る。町田産の農作物も使っていきたい」と抱負を話す。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-07-23 23:10 | がぐるめ

感動しました!吉田先輩

a0101944_22474324.jpg
夜の会合と仕事の移動途中、先日の都議会選挙で惜敗された吉田勉先輩が、駅頭に立たれていた。後ろ姿に感動し、声をかけさせたもらった。心から敬意を表します。まさに落選のあとが大事。しかし、なかなかできることではありません。自分自身を見つめなおし、反省させられる部分ありました。きっと有権者のみなさんはその姿を忘れることはないでしょう。
 吉田先輩とは、同じ自民党で会派でなんどもぶつかったこともあります。戦ったこともあります。しかし、今日は笑顔で握手を交わしてくれました。今は、お互いに無所属の身、しかし、政治を、この町田を愛し、誇りに思う同志吉田勉先輩。心よりご尊敬申し上げます。
 後ろ姿に、少々涙ぐんでしまった私でした。
[PR]
by manabulog2007 | 2009-07-22 22:47