「ほっ」と。キャンペーン

藤田学のブログ 議と勇

ブログトップ

ネガティブキャーペンにNO!

 衆議院選挙は、ネガティブキャンペーンの様相となってきた。大学院での私の修士論文で、アメリカ大統領選挙をケーススタディーとし、このネガティブキャンペーンを研究してことがある。このときは、日本の選挙の正々堂々たる各候補の姿勢に誇りをもったことを覚えている。しかし、今は、どうなんだろう。全くもって見苦しい。マニフェスト選挙は良いが、相手の政策にケチをつけるのではく、自分の政策を正々堂々と訴えてほしい。かつてのアメリカ、国民はうんざりムードとなった。まさに、今の日本そのものである。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-08-12 23:47

日本の政治を学びたい

a0101944_11314938.jpg「日本の政治を学びたいです。秘書したいですね」。彼はアメリカからの留学生である。頼みますよ、日本の政治家たち!私も襟元を正さなければ。聞けば、日本語は自己流。居酒屋で、友達を見つけては、話しまくり、身につけたという。「だから私、敬語しらないねー」。いやいや、日本人よりよっぽど出来てますよ。携帯メールも漢字を使っていた。脱帽。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-08-11 23:31

寮長!

 長島事務所で、最近「寮長!」と呼ばれるようになった。選挙モード、学生スタッフらも徐々に泊まり込むようになってきた。私も告示が近づくにつれて、事務所近くのウィクリーマンションに泊まる日が多くなってきた。そんな成り行きで、寮長となってしまった。彼らを見ていると学生時代を思い出す。朝まで語り合って、結局寝ないのである。40歳の私はついていけないことを予測し、個室をもらった。まっ!合宿生活楽しくやってくれ!
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-08-10 23:58

重田先生を偲び

 サッカーのまち町田をつくりあげた重田先生が亡くなり、本日がお通夜であった。重田先生には、町田サッカー協会の常任理事、そして副会長を立場をお与えいただき、サッカーのみならず、まちづくり、そして教育と多くのことをご指導いただいた。残念ながら、志半ばで、サッカー協会を離れることになり、重田先生ともご無沙汰してしまい、この訃報に接してしまったことに、心を痛めている。
 重田先生のご冥福と町田サッカーの飛躍を心からお祈り申し上げます。  合掌
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-08-09 23:52

がぐるめ 白いたいやき

a0101944_13405697.jpg 後援会事務所に差し入れをいただいた。なんと「白いたいやきである」。選挙を目の前にして、なんと縁起の良いことか。
フランチャイズで全国展開しているようだが、差し入れてくださったオーナーの方のお店を紹介します。
縁起だけでなく、美味でした!すでにちょっとした話題になっているようですが、おすすめしちゃいます。

尾長屋 立川店
〒190-0003
東京都立川市栄町2-66-3
TEL.042-536-5944
営業時間:10時~
定休日:無休
取扱商品:黒あん・白あん・カスタード
チョコ、抹茶(限定50個)
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-08-08 23:40 | がぐるめ

今月をどう乗り越えるか・・・JC

 衆議院解散、投票日は8月30日。思わぬながーい夏の陣となった。当分は町田に戻れない。・・が、町田JCでは総務委員長と役務がある。昨日は理事会であった。朝起き会6時に終わって、そのままJC事務局へ、資料をつくり、出勤、早退させていただいても理事会に少々遅れてようやく参加。なんとかーと言った感じであった。今月は、事業もあるが参加できず。しかし、総務会議、正副理事会、9月すぐの理事会。総務の必須の役務はある。どうこなそう・・・・・身体を酷使しながらも悩みは絶えない。若林専務、秋本室長・・・・そして総務のメンバーご迷惑かけてます。そして、ありがとう!
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-08-07 00:00

平和を祈る 早起き会

 8月6日、広島に原爆が投下されたこの日は、毎年、実践倫理佼成会の早起き会に参加している。本日も朝5時、会場の矢部八幡に参列した。そして、有難い事に演壇に立たせてもらった。原爆の体験を話される方もいらっしゃった。我々戦後世代、この日を永久に語り継ぎ、平和について考え、祈る一日としたい。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-08-06 23:35

遺志

 地元で大変ご指導、ご支援いただいていた方が亡くなった。息子さんとも消防団、JCの仲間である。仕事でお通夜に間に合わなく、遅くにお線香をあげさせてもらった。仲間の息子さんと話ができ、「学の復帰をみれない。なんもできなかった」と父が病院で言ってましたよ・・・・・・・自転車に乗りこんだとたんに目頭があつくなった。しっかりと復帰して、お墓に報告にいきたい。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-08-05 23:06

官僚の夏 

 日曜日、宿泊先で久々にテレビをつけ、釘づけになってしまったのがTBSドラマ『官僚の夏』。なかなか見ごたえがある。城山三郎さん著で、本で私も読んだことがあった。官僚が、外圧から日本の中小企業を守るべく奮闘する姿が演出されている。自由化VS保護主義、国内での政策の論争も見ごたえがあった。決して、官僚を全面的に擁護するつもりはないが、今回の選挙にもこの熱い議論が欲しい。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-08-04 23:38

農業政策「戸別所得補償制度」の創設にYES

 日本の食糧自給率は39%、どう考えても低すぎる。その根幹にあるのは、現行の生産調整にあると思っている。米を作らないことを求めているに過ぎない。これでは、田畑はどんどん荒廃していくのは当たり前である。志ある後継者もいなくなる。抜本的に、農業政策は改善すべきである。田畑は、多目的な機能を持っている。食糧自給率は、国家、国民の生命を左右する最も重要な事項であると思う。各党のマニフェストにも「農業政策」はそれぞれ明記されていることには賛同したい。しかし、抜本策にはまだまだ疑問である。しかし、農家所得を保障して、農業を再生する。そのことにお金をかけることは、決してバラマキではないと主張したい。減反政策を止めて、所得補償政策に切り替える時機である。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-08-03 23:49

桜美林大学国際学部上坂ゼミ 総会

 第一期生の私、桜美林大学国際学部上坂ゼミの総会が昨日、開催された。なんと現役は17期生。年代を感じる。総勢も170名を超える。母校、桜美林での開催。久々にあった一期生とも話が弾む。海外に住んでいる後輩たちもいて、全員参加とはいかなかったが、それでも90人近くが集まった。みんなそれぞれに活躍しているようだ。それも、さすが国際学部、各界、世界に散らばっている。国際結婚のもちろん。上坂先生も元気、まだまだ現役である。近々、翻訳本も出すそうだ。一期生として、先生に、後輩たちに非常に刺激を受けた有意義な一日であった。
a0101944_2044985.jpg
a0101944_205649.jpg

[PR]
# by manabulog2007 | 2009-08-02 23:54

盆踊り

 今日だけはどうしてもとお休みをいただいた。地元の盆踊りである。町内会でも理事という役を受けており、本日は接待係を拝命した。例年は他の盆踊りもまわらせていただいていたが、本日は役務上、準備からどうしても抜けられなかった。地元でも、消防団、青少年健全育成、商友会の役務はごめんさいであった。久々の地元、今日ほど分身が欲しいと思った日はない。
 打ち上げまで参加し、深夜1時。明日からまた秘書業に戻る。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-08-01 23:44

経営者として

 会社を経営して、約一か月が過ぎた。と言っても、衆議院の解散、秘書業も忙しくなり、それどころではない。しかも、どーなつカフェのオープンもあった。そんな自分を支えてくれたのは、社員たちである。私は、電話やメールで相談を受けたり、決断をしただけ。もちろん営業もしたが、しかし、実質の動きはみな社員たちである。本社、営業拠点の町田に帰れない日々も多かったにも関わらず、愚痴も言わず、みんな仕事をし、成果を出してくれている。感謝、多謝である。経営者として、社員に恵まれていること、何よりも幸せである。ありがとう。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-07-31 23:22

大学全入時代という誤解

 高校生は夏休み。それならばもっと早くから授業を始めてもよいのだが、申し訳ない、私の都合で夜の8時過ぎからスタート、終わるのは11時。ご理解いただいての家庭教師業・・・・頭がさがる思いである。それだけに責任も痛感している。中途半端は決して許されない。総選挙が終わったら特に集中し、必ず志望校合格を果たさせよう。新聞報道では、大学全入時代なんて言っているが、決してそんなことはない。志望があれば、必ずそこには、受験がある。今も昔も受験生は頑張っているのだ。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-07-30 23:13

学生インターン

 長島昭久事務所には、世界中から多くの学生がインターン生としてやってくる。中国からアメリカから韓国から、共通してみんな日本語が達者である。日本の学生たちも負けていない、みんなそれぞれの夢を持っている。そしてまじめである。何が楽しいかって、やはり、こうした学生らと交流ができていることだ。40歳のおじさんとからかわれながらも・・・
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-07-29 22:07

なかなか地元に帰れないジレンマ

 秘書業で町田に帰れない状況になってきた。やはり、選挙期間が長い。このモチベーションをつなげるは難しい。まさに、今度の総選挙は持久戦となってきた。これも麻生総理の戦術なのか・・・・・闘っている私たちは覚悟ができている。しかし、国民がしらけてくるのが心配である。それだけは回避したい。マスコミさんにも盛り上げて欲しい。
 しかし、久々にスタッフとして選挙に携わってみて、本人には見えなかった部分にも気付かされ・・・勉強になっていることは有難い。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-07-28 23:28

日本の教育費公費負担は最下位

 文部科学省の資料を久々にチェックしていたら、「教育機関に対する支出の対GDP比」という項目があり、ショッキングな数字を目のあたりにした。
 《日本の教育機関に対する公財政支出の対GDP比は前年と比較して0.1%低下。順位も、OECD加盟国の28か国中28位に低下》(2008年OECDデーター)
 ということである。そして、逆に、教育に対する私費負担(家計)は世界一という数字。
 私は、国家として、財政的にももっともっと教育に投資すべきであると強く訴えたい。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-07-27 23:56

藤田学の勇

 朝5時、スコレー家庭教育振興会の29周年記念早朝研修に参加。永池会長から、「勇(行動する)」ことについての指導をいただいた。人は、何か役に立いたいと思う。しかし、それを行動に移す人はほんのわずかである。行動に移さねば、それは、ただの評論にすぎない。評論だけでは、世の中を良くすることはできない。
 「勇」、腹に決めた。
「藤田学の議」を「勇」とする。本日から「議」に「勇」を付け加えた。



藤田学の勇

 困っている人は、今困っているのである。だから、今、手を差し伸べることである。今、行動することである。それを、明日や明後日に動いても、それは人の役に立てないのである。その場で、「今、動く」ことが大事である。
 政策もそうである。この国、街への理想はある。しかし、行動せねば何の役にも立たない。それも、今である。実現するために、今何をどう動くかである。
 「議(理屈)」は「勇(行動)」となって、初めて活きる。
 まずは、駅頭から訴え続ける。
 政治家はやはり議席を得なければなない。きれいごとでは政策の実現はできない。
 そして、一人でも多くの同志を集めて、実現を確たるものにする。
 「今、その場で」。それが、藤田学の「勇」である。



            平成21年7月26日     藤田 学 拝
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-07-26 12:49 | 藤田学の勇

ハーバードからのインターンと

a0101944_20411172.jpg長島事務所には、海外からもインターンが集まっている。そのうちの一人、中国は大連の出身で、現在はアメリカ、シリコンバレーに在住、そして、ハーバードで今学んでいるインターン生が、約1か月の滞在を経て、帰国することになった。これからの世界を背負っていく世界の学生と交流ができていることが楽しいし、有意義である。これからはメル友での交流を約束。彼らの世界での活躍が楽しみである。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-07-25 23:41

桜美林学園同窓会 総会 リ・ユニオン

 桜美林学園同窓会の総会、リ・ユニオン2009を開催した。町田市の母校に、全国各地から先輩、後輩、老若男女の多くの方々に集まっていいただいた。主催者(同窓会幹事)として、一年に一度感動を頂ける場面でもある。本日は、懇親会の司会をさせていただき、多くの先輩方をご紹介させていただいたが、その中に、60数年前の一期生、しかも、願書を一番に提出した女性を紹介できた。「私の後ろに、もう8万人もいるのねー」。まさに、その通りである。当時は、創立者の清水安三先生自らが貼って回った、電柱の広告をみて、志願したそうだ。その始まりを我々が受け継いでいるのである。正直、じーんと深い思いに至った。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-07-24 23:28