藤田学のブログ 議と勇

ブログトップ

お花見まわりと投票率

 a0101944_18534941.jpg
 今日は、朝からご案内いただいたお花見まわり、途中、統一地方選第一弾の投票会場へ向かった。にぎやかな桜まつりから向かったせいか、投票会場は非常に閑散としていたように感じ、かなり心配もした。選挙立会人は知った人ばかり、「お花見日よりに、ご苦労様です」と声をかけ、また、お花見まわりに戻った。
 先生でもないのに、「先生!もったいないよ」「藤田先生、こっちこっち!」「応援してるから、裏切らないで」。ありがたい。有頂天にならずに、頭をたれて、あと3年、しっかり地に足をつけて頑張ろう!
 最後は、ホームバーべキューに参加し楽しんで、帰宅できたのは、夜10時。心配された投票率もまあまあのようだった。安堵、しかしもう一歩ほしかった。神奈川の松沢知事の圧勝を確認して、おやすみなさい。
 しかし、今日はありがとうことだが飲まされた・・・・・・心は充実とも、身体はぼろぼろだ。勇気をもって、もう酒は断ろうと決意する。きっと支援者も理解してくれるだろう・・・・
 
[PR]
# by manabulog2007 | 2007-04-08 23:24

さくら祭り

a0101944_1332316.jpg町田市のさくら祭りが、近所の尾根緑道の桜並木で今日、明日と開催される。
朝の仕事を済ませたところで、近隣で火災があり、消防団で出動したため、お昼ぐらいからとなったが、今年も地元商友会のブースで、やきとりをひたすら焼いた。心配された桜も残り、快晴の今日は、人出も多く、焼き鳥の出足は好調!列が出来て、焼いても焼いても追いつかない。嬉しい悲鳴だった。
 しかし、この桜祭りも年々縮小されているような気がする。予算の削減というが、やり方次第ではもっとできるはず。お店のあちこちでそんな要望も聞いた。
 「がくちゃーん」「先生!」「藤田さんーーー」。焼き鳥焼いている私に、懐かしい顔が声を掛けてくれる。買ってくれた人も。有り難い。みんなと久々に出会えて、今日は良い機会を与えていただいた。
 写真は、私が焼いていた「焼き鳥」。おいしそうでしょ。

 1日目終わって、染み付いた焼き鳥の匂いを消すため、シャワーを浴びて、サッカー協会の理事会に出席。総会前に、スポーツをまちづくりに絡めた立派なマニフェストができていた。
「年次計画もあって都知事選候補より立派なマニフェストですね」、思わず言ってしまった。

 
[PR]
# by manabulog2007 | 2007-04-07 23:32

入学式日和

 町田市内では、公立小学校で各校一斉の入学式が行われ、私が勤める専門学校も入学式であった。まさに快晴!さくら満開の最高の入学式日和であった。そして、「おめでとう」の言葉が行き交う。
 私自身も最高に心一新ができた。
 浪人2年目。私の入学式までは後3年。今年は、地固めの年だ!
 颯爽と門をくぐる新入生の姿は、大いに刺激になった。
[PR]
# by manabulog2007 | 2007-04-06 16:55

月刊誌『CIRCUS』に掲載されました

月間誌『CIRCUS 5月号』KKベストセラーズに掲載された。昨日発売。
「あの職業の意外な高給OR薄給 カラクリ大解剖」、「高給編 現場系公務員」の記事に登場。給食調理員(五つ星シャフよりもらってる!?一食平均900円のお袋の味!年収890万円)、ごみ収集(ごみ運びのおじさんがF1レーサーと同じ給料という現実 年収950万円)、学校用務員(学校内の清掃と見回りだけで900万超え! 930万円)、国家公務員よりも恵まれている!?「現業職」の華麗な実態、という内容記事。
 それにしても、さすがライター、編集者は、インパクトよく、面白くまとめてくれている。a0101944_6381327.jpga0101944_6382643.jpg
[PR]
# by manabulog2007 | 2007-04-05 23:24

町田JC 新入会員オリエンテーション

 町田JCで新入会員(入会3年未満対象)オリエンテーションが開催された。9年目の私も、忘れていたことを思い出し、新発見もあり、大変勉強になり、JC活動も良い意味でリフレッシュできた。
 監事講評では、初心に帰って、素直な感想を述べた。
 
「明日の理事会の席で述べようと思っていたのですが、時期的に理事者特に委員長のみなさんの多くは、「一所懸命やってるのに、なんでこんなに言われなきゃいけないのだろう。ここまで、やらねばならないのだろう」。と思っていると思う。私も2回ほど委員長職をさせていただいたが、あまり出来の良い方でなかったので、特にそんな風に思い、泣いたときもある。
 今、発想の転換が必要な時期である。みんな、「義務」だと思っていませんか。だから、前向きになれないでいるのだと思う。今日のセミナーにあったように、「機会」を与えていただいていると思えば、楽しくありませんか。例えば、委員長は、自分の思いを、JCメンバーを使い、予算を使い実現できる「機会」を与えられているのですよ。会社でもこんなことできないでしょう。楽しいじゃありませんか。
 新入会員の皆さん、大変とは思わずに、是非委員長、理事者になってください。そして、理事長を目指して下さい。
 JCには、「機会」が一杯です。
 Where there`s a mind, there`s a way! (意志あるところに 方策がある)
 たかがJC されどJC! 」

JCを楽しもう!
[PR]
# by manabulog2007 | 2007-04-04 23:02

また一緒に

 先週のことであったが、お世話になった市議会(自民党)の大先輩のご尊母様がお亡くなり、お通夜の席に参列させていただいた。議会の先輩方はもちろんののこと、議員時代、様々教えていただき、一緒に政策をつくりあげ、時には地元の陳情の難題を解決していただいた市の幹部の方々とも久々に顔を合わせた。
 胸に秘めた思いはある。親身にこのまちのことを思っている。言わなくとも思いは通じている。
お通夜の席で、不謹慎は承知で、先輩のご尊母様から頂いた、再縁に感謝したい。
 また一緒に、思いあるこの方々と仕事がしたい。純粋にそう思えた。

 週末の帰省のことを考えていたら、ふと思い出し、ブログに留めさせていただいた。
 
[PR]
# by manabulog2007 | 2007-04-03 23:42

はだかの王様

 国会では、松岡大臣の「還元水なんとか」事務所費問題で、自民党が改善に踏み込めない。領収書をつければ良いだけなのに。国民は、「簡単なことなのになんでだろう?」と怒りを通り越して不思議でならないというのが実感であろう。民主党も与党の公明党も、「早期に領収書添付を」とは言っているけども、具体的行動には移さない。
 安倍総理は、なぜ守るのだろう?選挙だけではない、他の今やらなければならない大きな課題をたくさん抱えているのに、その審議に影響することも覚悟してのことだろうし、国民世論だってある。
 「政治家は、支持率を気にせず」というのは、その通りだ。しかし、それは、例えば消費税導入のように、国家の将来を考えて、世論を敵にまわしても、政治家として、決断と実行するときに使うのだろうと思う。
 もし、今の世論の状況に「鈍感」だというのなら、それは、舛添参議院議員の「裸の王様」発言は、的を得ている。
 しかし、安倍総理は、政策実現を差し置いてまでも、松岡大臣を守る理由は何なのだろう?わからない。
[PR]
# by manabulog2007 | 2007-04-02 23:10

一新!新年度スタート!

a0101944_16383633.jpg 一泊の帰省。寝台列車で上野に6時58分に到着し、そのまま町田市民球場に直行。町田市民春季ソフトボール大会開会式で、連盟副会長として開会の挨拶。昨日の大雨から一新!
快晴、そして桜満開、最高の開幕である。まさに、気分爽快の新年度スタートである。感謝。a0101944_16365628.jpg
 
そして、地元町内会の桜祭りに.遅れたお詫びの兼ね、子どもたちと一緒に餅をつき、桜満開のもと老若男女大いに盛り上がり、打ち上げ、そして撤収、最後までお付き合いさせていただく。

 正直昨年度は心身ともにきつかった。浪人生活から充電生活の年へ!捲土重来を期し、私にとっては最高の開幕であった。

 
[PR]
# by manabulog2007 | 2007-04-01 23:36