「ほっ」と。キャンペーン

藤田学のブログ 議と勇

ブログトップ

同窓生の思い

 桜美林学園同窓会幹事会。7月のリ・ユニオン(総会)に向けての協議が中心となったが、創立者の銅像をチャペル前に戻してほしいとの(現在は学園の外に位置する場所に設置)昨年の総会にでた要望に対して、三役が中心に動いての経過が報告された。私達役員として、総会で会員からでた質問や要望にどう応えるかは、今後の同窓会の発展に大いに影響してくる、責任あることがらである、。もしかしたら、メイン事項なのかも知れない。三役の学園役員との粘り強い交渉は、少しづつ実りつつあると感じた。このことだけでなく、同窓生の思いをどう具現化していけるは、同窓会本部の使命である。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-06-13 23:51

「藤田学の議」をトップに貼り続けます

 「藤田学の議」、よっちさんら、HP、メール、電話で、会って、多くのコメントをいただきました。ありがとうございます。自分としては素直に思うことを書かせて頂きました。しかし、一行一行に振り返り、実は1時間半もの時間が過ぎていました。まだ中一日の本日ですが、叱咤激励両面に予想以上に反響が大きく、戸惑っているところです。
 そして、再認識したのは、私自身もこの「初心」を日々大切に確認していかねばとの思いもあり、このブログのトップにはり続けることとしました。ご理解いただき、より一層の叱咤激励のほど宜しくお願い申し上げます。    藤田学 拝
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-06-12 23:23

MEMORIA   がぐるめ

 久々のがくるめ(藤田学のおすすめグルメ)は、JC入会予定者(?)が経営する、「イタリアレストラMEMORIA」。本日もJCの委員長会で深夜12時までお邪魔して、イタリアンを楽しみました。あれ?、確か閉店はPM10時・・・・・毎度申し訳ございません。いやーパスタもサラダもピザもとにかくこだわっていて美味なのです。イタリアン好きの私には特にたまりません。いつも仕事帰りで、私は車のため、炭酸水でいただいていますが・・・・これがワインであったらさらにさらに・・・なんて思いながら。JCメンバーの溜まり場となりつつあること以外は、味も雰囲気もとにかく素敵なお店です。場所は、小田急町田北口、ホテルビラ近くです。お薦めです。http://www.memoria-k.jp/a0101944_21205219.jpg
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-06-11 00:00 | がぐるめ

藤田学の議

 平成10年2月。28歳で町田市議会初挑戦で当選、以来2期市議会でも要職につき、市長選の出馬での離党勧告を受けるで、自民党でも要職を頂き、まさに絶好調であった私は、落選。その全てを失いました。
 浪人生活も早いもので3年半が経ちました。落選の前後の記憶はまだ思い出せない部分もあります。家族の明日の生活も全く見えないまま、想像以上につらい日々でありました。いろんなことがありました。しかし、多くの人に助けられ、潰れることなく、ここに立っている自分がいます。今思えば、政治家として生きるならば、この苦難の日々は必然のことであったと思えるようになっています。
 「滅私奉公」、来年2月、一からの捲土重来にあたっては、この言葉を私の座右の銘と決めました。この3年間の思いと支えてくれた方々への感謝の深い思いが、政治家として生きる使命として、この言葉を与えてくれました。
 職を失い、明日の生活が見えない中でも、のしかかる税金を払う為に借金をしたときもあります。まさに、「血税」という言葉を体感してきました。「政治家は、目の前の自分の食事を、その前で食せない民がいたら、自分は食べないで、差出す」。そんな古き志を聞いたことがあります。思えば、この志に感動し、私が政治家になる初心でありました。忘れていたこの思いを、この浪人生活は思い出させてくれました。
 今月22日、私は40歳となります。この人命にしっかりと応えていきます。
 この40年間、私は、この国に、周囲の方々に支えられて生きてきました。捲土重来後は、本来あるべく政治家として、「目の前で飢え苦しむ人を救うことができるならば、生かされてきた自らの命、滅私奉公の思い、喜んで差し出す」、短くも長くも、そんな余生を全うしていきたいと思います。
 これが、藤田学の議、です。

   平成21年6月10日   藤田 学 拝
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-06-10 23:44 | 藤田学の議

通称国立マンガ喫茶こそ「漫画」であってほしい

 本日のニュースで最も注目すべきは、与党自民党が自ら通してしまった予算の中の「通称国立まんが喫茶」を廃止せよと訴えてくれていることである。確かに、自ら予算を通しておいて何?という批判も分かる。しかし、国民のためを思ったら、間違いを自戒して、気付いて行動することは正当なことであると思う。誰もが思うこの無駄使い、しかもこんなご時世に・・・・・・天下り建物。実行してしまったら、これこそ漫画・・・・いや、現実なのだから、この世も終りである。与野党やプライドの問題ではない、何が何でも廃止して欲しい。強い国民の願いであると確信している。117億円もかけて建設し。しかも莫大にかかるだろうランニングコストも全く試算公表されていない。来場数も・・・・・・・・ばかげている。NO!国立メディア芸術総合センター!頑張れ!自民党無駄遣い撲滅PT!


<参考 共同通信ニュース>
漫画展示施設に自民PT反対
2009年6月8日(月)21時8分配信 共同通信
 漫画やアニメなどを収集、展示する「国立メディア芸術総合センター」(仮称)の建設計画について、自民党の無駄遣い撲滅プロジェクトチーム(PT)は8日、「不必要」として、政府に中止を求める方針を決めた。5月末に成立した補正予算に同センターの整備費117億円が盛り込まれたが、与党内からも反対の声が出る異例の事態。民主党など野党も「無駄遣い」と批判しており、センター建設への逆風はさらに強まりそうだ。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-06-09 23:53

ゴールドリボン運動

 本日、がんについて学ぶ機会があった。今や、日本人の死因のトップが圧倒的に「がん」。大変辛いものだが、もう他人事ではない。国会では、がんに関する特別法も制定したことは記憶に新しい。大人でも辛いこの病と闘っている子ども達が残念ながら多くいることも再認識させられた。10年程前、骨髄バンク運動でもこの現実を見せ付けられ、私もドナーとなった。何とか、小児がんの子だちと家族の支えになれればと、このゴールドリボン運動に参加することを決めた。これからは、もっと積極的に取り組んでいければと思っている。

●ゴールドリボンとは?●
 「ゴールドリボン」は、小児がんの子どもたちを支える活動のためのシンボルマークです。
 アメリカでは、様々な団体がこのシンボルマークを使って、小児がんに関する啓発活動や、治療研究などへの経済的支援を求める運動をしています。a0101944_14215077.jpg
 日本では、まだ歴史の浅い運動ですが、徐々に活動団体や支援企業が増えてきています。団体ごとに独自のシンボルマークを作って使ったり、それぞれの目的をもってゴールドリボン運動に取り組んでいますが、最終的に「小児がんの子どもたちの笑顔を守りたい・増やしたい」という、その願いは一つなのです。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-06-08 23:12

町内会一斉清掃

 早朝は6時から消防団の訓練。みんな頑張っている。8時過ぎに急いで戻って、町内会の一斉清掃に参加。町内会の方々、ほとんどの方々が参加してくださる。子どもたちの参加も嬉しい。各班の近所を清掃して、終わり次第、尾根緑道も分担して行う。枝を切り、草も刈る。そして、どぶさらい・・・・結構本格的なんですよ。
 最後に私は、町内会役員と各集積所を軽トラックで回収に回ったが、まちが見違えるように輝いていた。おかげさまで清々しい気持ちとなれた。やはり、掃除は町を明るくする根幹ですね。いやー気持ちが良い。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-06-07 23:52

田植え

 青少年健全育成の事業で、子どもたちと一緒に田植えをしてきた。朝、行けばすでに農業委員会の方々が雨の中、稲取りをしてくださっている。私も、農業委員会会長さんに様々ご指導を頂きながら、ぎこちなく始めさせていただいた。自然を守るとはどういうことか、会長のうんちくに真の農業者としての深さを感じた。「ただただ山をの木を切るな」という自称環境保護団体の誤った理屈は勇気をもって正していかねばならない。「切ることによって、新しい息吹が生れる」。これは自然の再生なのである。
 さて、雨の中であるが、子どもたちも田植えを頑張ってくれた。きっとおいしいお米が収穫できるでしょう。天地の恵みに感謝しよう。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-06-06 23:28

電話かけ

 秘書研修も4日目。本日は支援者への集会動員の電話かけをした。代議士のかわりに一人一人へ。支援者の方々なので、集会告知では終わらない。今の政治状況へのご意見や代議士へのお礼までとちょっとした長話になる。私自身にとっても政治の感覚を取り戻す事ができた。支援者の声を聞く、さすが為になることが多い。大事なことである。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-06-05 23:12

明治神宮崇敬会総会そして靖国神社へ

a0101944_23365651.jpg明治神宮崇敬会の町田支部総会が開催され、町田からバス17台総勢400人以上の会員で、明治神宮に参拝してきた。高齢化が進み、年々会員も参加が減っていることも避けられない実態である。それだけに私達若い世代の担いも大きい。本殿では、教育勅語を読み合わせ、その思いを確認しあった。
 その後は、明治天皇が立ち上げた靖国神社へ本殿参拝。本日は、すべてに明治天皇にふれた時であった。まさに維新を予感させるこの時に、そして大きくこの国をあるべき方向に築き上げられた、そしてまさに明治維新へと導かれた明治天皇の教えに思いを致せたことは、必然だったような気もする。
 参拝では、もちろん「日本の夜明け」を誓い申しあげた。
 本日は、ご無沙汰してしまっていた多くの方々にもご挨拶できた。ご心配かけていたようだ。みなさんには、捲土重来の背中を押していただいた。ありがたかった。
 夜はそのまま、JCの理事会へ。こちらは若き志士たちである。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-06-04 23:36

会社経営者として

 多くの仕事をいただきながら、会社経営者としても歩き始めている。先輩のやりて経営者の方々から有難いアドバイスもいただいて、そして、会社立ち上げに携わってくれている我社の同士もしっかりと役務を担ってくれている。本日私は、一日長島事務所、そして家庭教師の一日であったが、その留守にも会社はおかげさまで動いていることを実感できた、そんな報告が有難い。
 経営者として一番学んでいることは、「一人では何もできない。しかし、人財は無限の可能性と実務を広げてくれるということである」。
 仕事だけではない、すべての役務は、人の支えのおかげさまでこなせている。感謝、感謝である。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-06-03 23:20

市民税・都民税通知書が届く

 市長選で敗れたとき。そして今回は、フルタイムでお世話になっていた専門学校を退職して、同じように届いたものがある。「市民税・都民税納税通知書」である。本日届いた。3年前は、その額から途方に暮れたことを思い出す。精神的にも相当滅入った。今回はおかげさまで昨日のブログのように仕事があるので救われている部分もある。それでもきついが・・・・・しかし、急な失業状態の人ことを思うと居たたまれなくなる。
 当り前のことであるが、まさに「血税」である。
 3年前の思いは絶対に忘れることはない。捲土重来にあたっての一番の肥やしとなっている。「実感」をもって訴えていく覚悟である。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-06-02 23:51

6月スタートの今日 原点に

 6月1日の今日、携帯電話が鳴り止まなかった。半日、電話に出る事ができなかったら、着信、留守伝、メール・・・・いっぱいであった。出れる状態になってからは次々に仕事の電話が入ってくる、しかも決断を迫られる重要な用件ばかりであった。ふと振り返ると、仕事は起業中の自分の会社、顧問先含め7件、その間に、JC、ロータリー、町内会、消防団、青少年健全育成、役員を受けているスポーツ各種団体、倫理の会・・・・・・・・・こうなるのも当り前だ。仕事がなかった時に比べれば、7件の仕事があるのは幸せなことだ・・・しかし、相当整理していかなければ、パニック状態になりつつある。手帳の超整理法をマスターしなければ。
 しかし、政治浪人という最も重要な仕事が0番目にある。忘れてはならない。先週は早朝出発の仕事が多く、朝の駅頭が全く出来なかった。本末転倒、反省するところである。
 
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-06-01 00:00

小学校運動会

a0101944_19184144.jpg昨日残念らながら雨で延期となった地元の小学校の運動会。小雨の中であったが、無事に最後まで開催できた。私は午前中のみの観戦であったが、3月まで保育園、幼稚園に通っていた新一年生も立派な演技と力いっぱい競技していた。そして、サポートする上級生も微笑ましい。お父さん、お母さんのビデオ、カメラ撮影もすごい。子どもたちはまるでスターである。(笑)。地域の方々も応援に駆けつけ、理想の学校の姿である。いつも思うことだ。そんな誇りある我が町田市立小山田南小学校。校長先生から「今年も学校運営協議会委員をお願いしたい」との委嘱を受けた。「はい!喜んで!ありがとうございます」。地域に根ざす公立校は、やはりまちづくりの根幹である。そして通う子どもたちは、地域に活気を与えてくれる。頑張ったね!ありがとう!
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-05-31 19:18

充電の総仕上げは長島昭久先生のもとで

 浪人生活も早いもので3年が経った。来年の2月は、いよいよ捲土重来をかけての戦いである。その最後の充電は、野田佳彦先生のご指南で、長島昭久先生のもとで働かせていただくことなった。6月中旬からであるが、雰囲気をつかむためもあり、本日は長島令夫人に随行させてもらった。秘書の方々もボランティアの方々も明るく心から長島先生を支えられている。そんな光景を目にしながら、妻や地元の支援者らの市長選でのありがたいご支援を思い出し、帰りの電車の中で目頭をおさえた。信念ある政治家のもとで、充電の総仕上げ、お支えしながら、しっかりとやってこよう。

長島あきひさHP http://www.nagashima21.net/
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-05-30 22:54

衆議院議員小野晋也の永田町イラ短日記

「衆議院議員小野晋也の永田町イラ短日記」http://iratan.cocolog-nifty.com/。国会議員の小野晋也先生(自民党)が、趣味のイラストと短歌で綴る毎日の政治活動日記である。小野先生はご存知のように、志をもって今期議員のバッチを外すと宣言し、注目をされている方である。私もそのニュースをもて、ブログをチェックし、以来、政治哲学をこのブログから学ばせていただいている。 先生のような哲学と信念をもっている政治家が引退してしまうことは正直残念でたまらない。しかし、先生の信念には多くの国民、そして与野党問わず国会議員までもが敬意を表している。勇退されてもこのブログは続けていて欲しいものである。私のお気に入りのHPブログである。政治哲学、大事です。
a0101944_20541123.jpg小野先生のブログより、先生作です。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-05-29 20:51 | 読学の一冊

奥深い先輩方のスピーチ ロータリークラブ

 ロータリークラブの例会。本日は3名のパスト会長のイニシエーションスピーチであった。イスラエルから始まった奥深い話は、政界情勢や宗教、そして哲学、奥深いものがあった。先輩方の学んできた、これからも学んでいこうという姿勢には脱帽であるし、本日は例会なのでなかったが、普段はお酒を普通の居酒屋で飲み交わせていることに幸せを改めて感じた。そして、ロータリアンでいられることに誇りをもった。同時に、最も思ったことは、若い世代の我々はもっともっと勉強せねばならないと感じた。その中の先生が、私の父親に教えてもらったというのが、「ナナドヤラ」という青森の民謡である。ヘブライ語、聖書と関係があるという説である。そう言えば、父親に調べてもらったことを思い出した。青森出身の私こそもっと興味を持って調べ続けるべきであった・・・・・・・・その好奇心と勉学の継続のなさに、反省仕切りの30分でっあった。 懺悔
しかし、ロータリーにはすごい人たちが集まっている・・・・・
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-05-28 21:05

良いですね!時間切れの党首討論

 麻生総理と鳩山代表の党首討論。盛りあがってましたね。時間切れになるくらいに。少なくとも閉塞感から脱出できそうな予感がしました。まわりもここぞとばかり議員が野次で鬱憤をはらしていたかのようでしたね。しかし、あの野次はとても子どもたちに見せられない品位のないものでした。次回あれだけは勘弁してもらいたいものです。じっくり討論を聞きたいですね。
 さて、討論の盛り上がりの勢いをそのままに、大決戦、日本の維新への戦いへと突き進んでいこうではないですか。投票率100%なんて夢を抱きながら。参画する意識です。必ず政治は、国は変えれます。皆さんの一票です。特に若い世代の皆さん。選挙に行こう!
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-05-27 23:38

急に目立ち始めた空き店舗 町田中心街

 町田市の中心街を歩いていて、最近気になるところがある。商業店舗がどんどん空き店舗っとなっているのだ。「あれ、ここも・・・・ここも」、しかも一階の目立ったところが多い。町田駅周辺は、全国で問題になっていた最中でも影響が少なかっただけに、ここにきての急激にというのは大変気になる。実態把握と対策が必要である。一体何が起こっているのか・・・・・・・
 夜はJCの正副理事長会議であった。また今日も深夜12時をまわっての閉会となった。夜の町田も不安である。呼び込み(所謂黒い立ちんぼ族)が道を牛耳っているのである。商業のまち町田は何処に・・・・・政府の景気は上昇しているとの発表のニュースに現場との違和感を感じている。
 現場からの経済活性化策が必須である。これは地方自治体の役務である。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-05-26 23:14

ネクスト防衛大臣と

a0101944_7345521.jpg 奇しくも北朝鮮が核ミサイルをぶち上げた今日、国防の論客、民主党のネクスト防衛大臣の長島昭久先生とあった。長島先生は拉致問題にも積極的に関わっている。国家、防衛、今日本は試されている。最近ばかにされまくっている外交、防衛戦力、再構築は急務である。
[PR]
# by manabulog2007 | 2009-05-25 23:34